医療法人社団泰青会青山歯科医院

分院青葉歯科医院

  • コンセプト スタッフ紹介
  • アクセス 医院紹介
  • 初診の流れ
  • 24時間受付 WEB診療予約

妊娠中は、お口の状況が変わりやすい時期です

妊娠中は、お口の状況が変わりやすい時期です

「妊娠中に歯科治療は受けられない」と思っていませんか? いいえ、そんなことはありません。むしろ、お口の状況が変わりやすい妊婦さんこそ、歯科検診を受けたほうがいいのです。ふじみ野市上福岡の歯医者「青山歯科医院」では、妊娠中の歯科治療に対応しています。妊婦さんは体調が落ち着いている安定期などに、一度検診にお越しください。

妊娠中はお口の状況も変化します

妊娠中はお口の状況も変化します

妊娠中には、つわりがあったりホルモンバランスが変化したりすることから、お口の中の状態にもさまざまな影響があります。

妊娠中はお口の状況も変化します

妊娠性歯周炎に注意

妊娠性歯周炎に注意

妊娠中には歯肉炎にかかりやすくなり、歯肉炎が悪化すると歯周病(歯周炎)になってしまいます。これを妊娠性歯周炎といいます。妊娠性歯周炎は歯を失うリスクだけでなく、早産や低体重児出産を招く原因にもなるといわれており、注意が必要です。つまりお子さんの健康のためにも、妊娠中にはお口のケアや検診が欠かせません。

妊娠中に注意したいこと
  • 歯肉のマッサージを意識しながら、いつもよりていねいなブラッシングを行うこと
  • バランスのとれた食生活を送ること
  • ブラッシング時に出血するといった症状があれば、早めに歯科医院を受診すること

歯科治療に適した時期は?

歯科治療に適した時期は?

妊娠中に歯科治療を受けることは問題ありませんが、だからといっていつでも受けられるわけではありません。適した時期を選んで受診しましょう。

妊娠初期
(1~4ヶ月ころ)
つわりがあり、お口の中の治療は難しいでしょう。切迫流産を起こしやすい時期でもありますので、緊急性がある場合以外は治療を避け、ゆったりと過ごしてください。
妊娠中期
(5~8ヶ月ころ)
つわりも落ち着き、安定期に入るので、外出しやすい時期です。母胎への負担を考えると、歯科治療はこの時期に受けるのがベストです。
妊娠後期
(9ヶ月~臨月のころ)
お腹が大きくなって、診療台に横たわることすらつらくなる方もいらっしゃいます。出産も近づいていますので、この時期の治療は控えたほうがいいでしょう。

レントゲンや麻酔は大丈夫?

レントゲンや麻酔は大丈夫?

「妊娠中にレントゲンを受けても平気?」「麻酔は赤ちゃんに問題ないの?」と心配されていませんか? ふじみ野市上福岡の歯医者「青山歯科医院」が、2つの疑問にお答えします。

レントゲンについて 麻酔について
私たちは日常の中でさまざまな放射線を浴びています。それと比較すると、歯科診療のレントゲンによって浴びる放射線量はごくわずかですので、問題はないといえるでしょう。また、歯(お口)はお腹から離れている場所であるうえ、撮影時には鉛のエプロンを装着していただきますので、ご安心ください。 歯科治療でつかう麻酔は、歯の周辺にのみ作用する局所麻酔であり、麻酔薬も安全なものを使用していますので、お母さんの身体にも赤ちゃんの身体にも問題はありません。ですが、当院では念には念を入れて、できるだけ麻酔を使用しないで治療を行っています。
場合によってかかりつけ産婦人科と病診連携をとらせていただき診療致します。

泰青会のこだわり
お母さんと子どものための歯科治療

医院紹介動画

東武東上線上福岡駅近くにある歯医者、青山歯科医院の院内設備や、通院されている患者様のお声を動画で紹介しています。下記をタップしてご覧ください。

青山歯科医院
住所
〒356-0031
埼玉県ふじみ野市福岡中央
1-2-8

電話
電話049-262-1068

続きを見る

カレンダー

  • Web診療予約

青葉歯科医院
住所
〒351-0033
埼玉県朝霞市浜崎 1-2-10
アゴラ21ビル 3階

電話
電話048-474-8246

続きを見る

カレンダー